女子バスケ部のシンスプリントにインソールを作成しました( Created an insole for a woman with shin splints)

HPはこちら:https://physiowellness.jp/
すっきりした飲み口のプロテインはこちら:https://physioshop.thebase.in/ 

【経緯】 
3か月前より脛が痛くなりシンスプリントと診断。
1か月休んで部活を再開するも、すぐに再発され
インソールから試そうとご来店

【症状】
歩くと脛が痛い
  
【結果】
歩行時の痛みは消失
 
ただ痛みが強すぎるため、
脛にかかるストレスを見つけ
整体を行なう方がいい事を伝え終了
 
【ポイント】
・靴がぬげる
・指がぶつかる
・合わないので歩きづらいなど
  
靴自体が原因になっている問題は、
靴を合わせてインソールを作ると、
かなりの方が楽になっております。
   
ですが靴を履かなくても違和感あるいは痛みがあるケースだと、
すぐに問題を取り除く事は難しいと思っております。
  
今回の方はご来店時よりも痛みは減りましたが
完全に取り切れているわけではありません。
   
靴を合わせてインソールも使う事で
足にかかるストレスは減るでしょうし、
今後のストレスも減っていくため、
良い選択の一つではあります。
    
ただ、今ある痛みを取り除く手段には一手及びません。
 
今回の方は、あまりに痛みが強いので
身体もちらっとだけ見たのですが
  
・足趾自体のうっ血
・身体の癖
・呼吸状態
・足ばかりにストレスをかけている動き方
 
などなど、痛みの原因が他にも山積されている方でした。
ケースとしては  

①靴が合わないから足が痛いケース
②靴が合わない事に加え、身体の機能面で痛みがでるケース
③靴はあまり関係なく、身体の機能面で痛みがでるケース
 
の中では②のケースです。 
  
以前にもパンプスを履く立ち仕事で足が痛みだし、
とうとう裸足でも痛みが出てしまった方が
   
靴を合わせれば痛みが治まると思い
ご来店された事がありました。
   
引き金となったのは確かにパンプスを履いた立ち仕事なんですが
 
・時間の経過とともに、身体の機能面にも問題が生じてしまった
・身体の機能面にも問題があったが、靴により増悪してしまった
 
という事が見てとれてしまい、
ご意向に沿えなかったこともございます。
  
合わない靴を履き続けると   
 
・足にトラブルが生じる。
・歩くバランス崩れる。
・姿勢が崩れる。
・足の機能が落ちる。
・足以外の関節にストレスが生じる
  
こういった問題が起こるため 
靴の調整とインソールは上記の症状にとてもよい道具だと思いますが
 
【裸足でも不調がゼロではない時】
 
こんな時には是非、整体も考えてみて下さい。
 
I made insoles for a woman who suffers from shin splints.
The pain has decreased, but has not completely disappeared.
I think it is because there is a problem with the functional aspect of the body. 
 
札幌市円山公園の整体院
フィジオウェルネスマルヤマ

 
#シンスプリント
#sympathetic sprint
#insole
#インソール
#理学療法士
#physiotherapist
#脛の痛み
#Shin pain

コメント

タイトルとURLをコピーしました