膝痛解消!バックカントリー用のスキーブーツにインソールを作りました ( I made her a pair of insoles for her backcountry ski boots.

HPはこちら:https://physiowellness.jp/
すっきりした飲み口のプロテインはこちら:https://physioshop.thebase.in/ 

経緯 
登山ガイドさんの膝痛、以前当店で登山靴用のインソールを作った後
膝痛が魔法のように消えていたそうで、もしやと思い
バックカントリー用のスキーブーツをご持参されました。
 
症状
膝が痛い
右に体重を乗せきれない
  
結果
症状消失
体重を乗せる感覚の左右差も消える
 
ポイント
ご持参されたブーツは、少し靴のつま先の幅が狭く
また、内側のアーチ部分がこの方の足にとっては
落ち込みになっているスポットがありました。
  
実際に履いていただき、動きを見てみると 
  
右へ体重移動をすると、力が乗せきれません
また、歩いていての歩幅も左右差がありました。
さらに今までも小指が当たっていて痛みがあったそうです。
 
この原因を足のアーチ機能だけで判断せずに
どうしてそうなったかを、ブーツをチェックする事も含め
確認していきます。
 
結果、
1.インナーブーツを履いた時点でも小指が当たり痛い
2.シェルを履くとその痛みはさらに増強する(つまりシェル出しが必要)
3.左の母指球手前に、靴の落ち込みがあり、そこに足が落ちている
4.靴の母指球部分に、2mmほど隙間があり、使用最中に前に滑り落ちる 

という事がわかりました。
こういった現象を、インソールを用いて改善し
靴と足とのフィット感を上げていきます。
  
またこの方は、過去に距骨という足首の要となる骨を骨折されており
右側の踵のサポートも必須となる方でした。
 
ただ、残念ながらインナーブーツをを履いた刺繍の痛みは
伸ばせば大丈夫なんですが
 
硬い外側のシェルに当たっている現象は治せません。
これは結構専門のお高い道具が必要で、
基本的には熱で形成しなおします。
 
ちなみに私も自分のブーツはそうしないと痛くて履けませんwww
 
話はそれましたが、
 
骨折も含め、足の機能を確認し
実際に履く靴の形状と癖を見た上で
 
インソールを用いて足の癖をサポートし
靴のフィッティングを行う
 
この工程をえることで、膝へのストレスが減り
膝痛が消え、スムーズな重心移動と足運びが獲得されました。

膝痛やスキーブーツでのお悩みの方も
是非ご相談ください。
 
札幌市円山公園の整体院
フィジオウェルネスマルヤマ
 
#バックカントリー
#スキーブーツ
#backcountry
#膝痛
#理学療法士
#インソール
#physiotherapist
#insole
 
When she shifted her weight to the right, she couldn’t put enough force on it.
Also, there was a difference in stride length between the left and right side when walking.
In addition, she had been experiencing pain from her pinky toe hitting the ground.
 
We should not judge the cause of this by the arch function of the foot alone.
I’m going to check how it happened, including checking the boots.
I will check the boots as well.

Test results
1. The pinky toe was painful even when she wore inner boots.
2. The pain intensifies when she put on the shell
3. There is a depression in the shoe in front of her left ball of the thumb, and her foot is falling into it.
4. There is a 2mm gap in the ball of the toe of the shoe, and it slips forward during use. 

Those was what I found out.
We improved these phenomena by using insoles,
and try to improve the fitting between the shoe and the foot.
  
In addition, the patient had a fracture of the talus bone, a key bone in the ankle, in the past.She also needed support for her right heel.
 
Unfortunately, the pain of embroidery when wearing an inner boot was not so bad.
If you stretch it out, it’s fine.
 
But I can’t fix the phenomenon of hitting the hard outer shell.
This requires a rather specialized and expensive tool.
Basically, you have to re-shape it with heat.
 
By the way, I can’t wear my boots without doing so.
 
But I digress.
 
Check the function of the foot, including fractures.
After checking the shape and habit of the shoes she actually wear
 
If you stretch it out, it’s fine.
 
But I can’t fix the phenomenon of hitting the hard outer shell.
This requires a rather specialized and expensive tool.
Basically, you have to re-shape it with heat.
 
By the way, I can’t wear my boots without doing so.
 
But I digress.
 
Check the function of the foot, including fractures.
After checking the shape and habit of the shoes you actually wear
 
Then, we use insoles to support the habit of the foot and then fitting the shoes.
 
By following this process, the stress on her knees was reduced.
Her knee pain disappeared and she gained a smooth center of gravity shift and foot movement.
 
If you have knee pain or problems with ski boots
Please feel free to contact us.
 
Osteopathic clinic in Maruyama Park, Sapporo
Physio Wellness Maruyama

コメント

タイトルとURLをコピーしました