CTC検査 №4 実際の検査解説 数値解説 がん検査の世界標準 循環腫瘍細胞 Circulating Tumor Cell|ふるたクリニック 百合ヶ丘 新百合ヶ丘 神奈川 ドクターふるた

クリニックへのお問い合わせは→ 044-959-5116
https://www.furuta-clinic.jp/
古田 一徳(ふるた かずのり)院長
KAZUNORI FURUTA

■ふるたクリニック
小田急 百合ヶ丘駅 南口より徒歩2分
〒215-0011 神奈川県川崎市麻生区百合丘1-19-2司生堂ビル1F
044-959-5116

■診療時間
https://www.furuta-clinic.jp/access.html

■書籍「ドクターふるたの酸化療法」
https://amzn.to/2JChO1d
保険診療の範囲を超え、患者さんの病気の治療と予防に役立つ医療を行う「ふるたクリニック」院長・古田一徳氏初の著書。

書籍紹介動画「本を上梓しました」

「ドクターふるたの酸化療法」本を上梓しました ~統合医療 予防医学にご興味ある方はぜひご一読を~ (G03|ふるたクリニック 百合ヶ丘 新百合ヶ丘 神奈川 ドクターふるた

■クリニックのコンセプト
1)早期発見、早期治療
2)予防医療
3)あきらめない“がん”や難病の治療

https://www.furuta-clinic.jp/syojo/
肝臓の病気
胆のうの病気
すい臓の病気
気になる症状、これ病気?

■保険診療 内科病院

■自由診療(自費診療)価格表
https://www.furuta-clinic.jp/price.html

セカンドオピニオン

点滴療法
大量自家血オゾン療法
オゾン注腸(オゾン療法)
10回券 40,000円(税抜)
血液フォトセラピー
高濃度ビタミンC点滴
サプリメント相談

マイヤーズ・カクテル
にんにく注射
プラセンタ注射

認知症リスク検査
がん遺伝子検査
長寿遺伝子検査
マイクロアレイ血液検査
遅延型アレルギー検査
(IgG抗体検査)
体内ミネラル検査
LOX-index検査

■資格
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器病学会 専門医
日本肝臓学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本肝胆膵外科学会 名誉指導医
日本癌治療学会 暫定教育医
日本医師会 認定産業医

■Towards a foreign country
Explanation in English
https://www.furuta-clinic.jp/en/
Explanation in Chinese
https://www.furuta-clinic.jp/chinese/
Shiseido Bldg.1F, 1-19-2, Yurigaoka, Aso-ku, Kawasaki City, Kanagawa

To Our Guest ~English introduces a clinic~(E10|FURUTA Clinic Yurigaoka,… https://youtu.be/ysyU1NGqHeE

#がん検査 #CTC解説 #CTC検査解説
+++++++++++++
CTCの検査の実際を

実際に血液を25ccギリシャの研究所
ラボに出して帰ってくる

日本語に訳して

この検査はあるがん患者さん 私の身内

何がCTC検査で帰ってくるか

腫瘍細胞 がん細胞の腫瘍細胞が
どういった性質か

がんは転移 増殖
色んな機能 働きがある

どういったものが異常を起こしているか

サプリメントに抵抗性があるのか

がんが血管新生で増殖しやすいのか

がんの性質が

通常と比べてどの程度上がっているか
見ることによって

ハイリスク ローリスク

ハイリスクは
がんとしては良くない 質が悪い

実際に血液の中にどのぐらいの
腫瘍細胞がある

(血液)1ccに何個 5ccに何個

臓器によっては7.5ccの中に何個..
と帰ってくる

数字が高ければ高いほど当然
腫瘍細胞たくさんある

転移しやすい 再発 進行しやすかったり

どういうことが分かるか

感受性
効果がある=高い
効果が薄い=低い
感受性のパーセント見ている

臓器に限らず世界中で使われている
抗がん剤(一般名)

それらがたくさん(検査されて)
帰ってくる

高い=感受性がある 低い=感受性が少ない
高い=効果が高い 低い=効果が少ない

分子標的薬も
高い=感受性が高い 低い=感受性が低い

がんに 薬が使えるか否かは別として
抗がん剤の感受性が分かる

温熱療法 サーモセラピー
マイクロウェーブとかここにもある

そういうものが効くかどうか
ヒートショックプロテインと言う

効能効果があるかどうか
これは「センシティブ」

この方は温熱療法 効果あり

一般的な抗がん剤 分子標的薬ではなく

天然成分 例えばここで行っている
ビタミンC αリポ酸

皆さんが飲んでるかもしれない

フコイダン アガリクス グルカン
コエンザイムQ10 クルクミン

がんで使われている自然なもの
いろいろな酵素もそう そういう成分が

今の腫瘍にとって
感受性があるかどうか

天然成分の中で 色々分かれている

Ascorbic acid=ビタミンC

アスコルビン酸 20%

高いほど感受性がある

だからと言って全部日本で使えるか
ではない

ビタミンC 20%以上はやる価値がある

もしかしたらこれが全くゼロだったら
ビタミンCやってても効果が少ないか..

Alpha lipoic acid アルファリポ酸
ここでも点滴している

この方はアルファリポ酸 0%
アルファリポ酸は効果が少ない

もしずっと続けているんだったら
変えても良いか

ClassⅢ 天然成分

コエンザイムQ10

クルクミン ターメリック
カレー粉に入っている

クルクミンはドリンクもいっぱいある
肝臓にもいい

がんの治療薬としては実は点滴もある

現実的には日本では飲むもの
海外では点滴も

クルクミン ターメリック
効くかどうか見る

効いているものを優先して

飲んでみましょう 使ってみましょう
が分かる

もちろん日本に全部あるわけじゃない
海外から輸入できるもの できないもの

費用のこともあるが
可能な限り輸入して感受性の高いものを

まず使ってみて治療効果を見る

CTCを1回検査することによって

色んな事がわかる 色んな事ができる

クリニックではご紹介しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました