【筋トレ】超回復は嘘か本当か!?超回復の「新事実」を科学的に解説します

この動画を観ると
・超回復理論の新事実
・超回復の効果
・超回復を参考にすべき人が分かります。

※筋肉痛がある部位はしっかり休めましょう。

このチャンネルは『筋トレをアニメーションでわかりやすく解説する』を目標に配信しています。水曜日と土曜日の17:00に投稿していますので、是非チャンネル登録宜しくお願い致します。

【リョウのプロフィール】
・理学療法士(医療系国家資格)
・医療系専門学校講師
・パーソナルトレーナー

▼LINE@はこちら(個別相談受付中)
https://lin.ee/rKEHkdj

▼Twitterはこちら

販売中のプログラム
▼初心者向け8Weeksダンベル・ベンチプログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n2494625fef8a
▼科学的根拠に基づく減量プログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n1d4027cbf49b
▼科学的根拠に基づく筋肥大・増量プログラム
https://note.com/workout_enhance/n/n83829a3f530d

【科学的に正しいとは?】
科学的に正しいといっても、あくまでそれは“現時点”で科学的に正しい情報であり、今の“科学的に正しい筋トレ”が今後は正しいものでは無くなる可能性もあります。最新のエビデンスを知り、それを取り入れ、自分自身でその効果を検証していく。その一助となれば幸いです。

▼参考文献
1.超回復で筋肥大するのか?
Bjørnsen T, Wernbom M, Løvstad A, Paulsen G, D’Souza RF, Cameron-Smith D, Flesche A, Hisdal J, Berntsen S, Raastad T. Delayed myonuclear addition, myofiber hypertrophy, and increases in strength with high-frequency low-load blood flow restricted training to volitional failure. J Appl Physiol (1985). 2019 Mar 1;126(3):578-592. doi: 10.1152/japplphysiol.00397.2018. Epub 2018 Dec 13. PMID: 30543499.

2.超回復のメカニズム
Matsui T, Ishikawa T, Ito H, Okamoto M, Inoue K, Lee MC, Fujikawa T, Ichitani Y, Kawanaka K, Soya H. Brain glycogen supercompensation following exhaustive exercise. J Physiol. 2012 Feb 1;590(3):607-16. doi: 10.1113/jphysiol.2011.217919. Epub 2011 Nov 7. PMID: 22063629; PMCID: PMC3379704.

コメント

タイトルとURLをコピーしました