亜鉛サプリメントの選び方【超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話】栄養学初心者向け

亜鉛はきわめて重要なミネラルであるにもかかわらず、日本人は不足気味です。亜鉛をサプリメントで補給する場合、どのような商品を選べばよいのか。含有量や吸収率に焦点を当てて解説します。また、亜鉛サプリメントを飲む際の注意点についてもお話しします。

#亜鉛サプリメント #亜鉛吸収率 #栄養学初心者

◎このチャンネルは、原則として毎週2回、日曜日と木曜日に新着動画をアップします。

◎チャンネル登録がまだの方は、こちらから登録をお願いします
http://www.youtube.com/channel/UCXAFmKtnyCQLy9-_Ma5QO0g?sub_confirmation=1

◎下記は関連動画です

【ミネラルの大関 亜鉛】

亜鉛は、マグネシウムに勝るとも劣らない超重要なミネラルです。亜鉛がどうしてそこまで重要なミネラルなのか。亜鉛が含まれる食品や亜鉛の必要摂取量について解説します。

【超重要!】ミネラルの大関 亜鉛[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

【マグネシウムサプリメントの選び方】

マグネシウムは最重要なミネラルですが、日本人は不足気味です。その場合、マグネシウムのサプリメントがよいのか、それ以外の方法で摂取するのがよいのか、ということを解説します。

【納得!】マグネシウムサプリメントの選び方[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

【動画メッセージ】(約6分)
We are what we eat. 「私たちの体は私たちが食べたものでできている」。
その体の状態(体調)がベストであるか、すぐれないかは、食べているものに含まれる栄養次第です。
歳を重ねても、病気知らずで、毎日を健康に過ごすために・・・
さあ、勉強を始めましょう!

Let’s study 健康的な食事と栄養学【超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話】栄養学初心者向け

◆栄養学を一から勉強したい方は、下記の動画からご覧いただくことをお薦めします。

【カロリーと栄養の違い】
毎日お腹いっぱい食べているのに “栄養失調” 状態? それはカロリーと栄養の違いを理解していないからです。カロリーと栄養の違いが分かれば、健康状態はみるみる改善されていきます。摂るべきは(炭水化物を除く)7大栄養素です。

【栄養学入門】カロリーと栄養の違い[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

【7大栄養素を知りましょう(前)】
栄養学初心者の方が、そのアウトラインを近道で掴むためには、はじめに7大栄養素の概略から学習されることをお薦めします。前編では、タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素について解説します。

【栄養学入門】7大栄養素を知りましょう(前)[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

【7大栄養素を知りましょう(後)】
栄養学初心者の方が、そのアウトラインを近道で掴むためには、はじめに7大栄養学の概略から学習されることをお薦めします。後編では、ビタミンミネラル、食物繊維、ファイトケミカルの4つについて解説します。

【栄養学入門】7大栄養素を知りましょう(後)[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

◆上記の3本を見終わった方は、次に下記の動画をご覧になると勉強がスムーズに進みます。

【タンパク質の基礎の基礎】
タンパク質はもっとも重要な栄養素。しかしながら、日本人はタンパク質が不足しがちです。タンパク質5大食品を中心に、必要摂取量をどうやってクリアすればよいのか。体重65kgの私(神代)を例に説明します。

【栄養学入門】タンパク質の基礎の基礎[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

【ビタミンの基礎の基礎】
分かっているようで分かりにくいビタミンの役割を分かりやすく解説します。また、13種類あるビタミンをどのような優先順位で勉強するのが効率よいのか。この動画でしか聞けないヒントがあります。

【栄養学入門】ビタミンの基礎の基礎[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

【ミネラルの基礎の基礎】
分かっているようで分かりにくいミネラルの役割を分かりやすく解説します。また、16種類あるミネラルをどのような優先順位で勉強するのが効率よいのか。この動画でしか聞けないヒントがあります。

【栄養学入門】ミネラルの基礎の基礎[超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話]栄養学初心者向け

◎講師(神代知明)の詳しい【プロフィール】は、チャンネルページの[概要]欄に記しています。
※スマホの場合は、ヘッダーを少し左にスライドさせれば出てきます。
https://youtube.com/channel/UCXAFmKtnyCQLy9-_Ma5QO0g

◎著書のご案内
『ここで差がつく 40代からのガン予防法』(2012年 花伝社)
発症するガンのうち、遺伝性(家族性)のものは全体の5%未満。残りの95%以上は生活習慣病としてのガンであり、予防が可能なものです。「予防」の大切さを呼びかける1冊。

【メッセージ】
プロフィールに記述したように、私は40歳で脱サラ、温熱療法の施術院を開業しました。血流を促進して、体温を上げ代謝を高めることによって、予防、健康増進に役立てていただければ、という思いでした。
ところが、「ガン細胞は熱に弱い」という情報を聞いたガン患者さんが続々と来院される、という事態が起こりました。そこから多くのガン患者さんと接することになります。
もちろん、体を温めてガンがよくなる、などという単純な話ではありません。治療後の再発予防であればよいのですが、すでに再発、転移をしてしまうと、温熱療法でそれが快方に向かうということは、まずありません。
それでも自分にやれることを懸命にやるよりほかありません。QOLが改善した、医師から告げられた期間(余命)よりもはるかに延命できた、ということで家族から感謝されることはありました(それが温熱によるものかは確かめようがありませんが)。ただ結局は治癒することなく結末を迎える、それの繰り返しでした。
このような状況を目の当たりにして、「どうして、こういうこと(ガン)になるのだろう」と考え始めました。本気で予防医学に取り組んだきっかけでした。
勉強を始めて程なく分かったのは、ガンの発症数のうち遺伝性(家族性)のものは5%未満だということです。それ以外は、悪しき食生活やライフスタイルを長いこと積み重ねた結果として発症する、生活習慣病だと考えられます。
つまり、95%以上は予防できる。「ガンは予防できる」のです。
取り組むべきは、①食事、栄養状態の改善 ②適度な運動 ③十分な睡眠 ④ストレスケア ⑤禁煙(+飲酒はほどほどに)、が5本柱です。どれも大切ですが、体を作っているのは栄養素と水ですので、やはり①食事、栄養状態の改善は重要です。
このことは、ガンに限らず、高血圧、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、脂質異常症、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、白内障など、あらゆる慢性疾患に共通します。
感染症(風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルス)に関しても、それは当てはまります。完全に防ぐことはできませんが、栄養対策を施して免疫力を引き上げることで、一定レベルでの予防が可能です。
「栄養で予防できる」。このことを確信した瞬間、それを一人でも多くの方に知っていただきたい、一人でも多くの方に予防を実践していただきたい。そう考えました。
YouTubeチャンネル【超ゆる〜い健康的な食事と栄養の話】を開設したのは、それが理由です。難しい言葉や理論は極力避けて、初めての方でも理解できるように努めます。
私もまだまだ勉強の途上。研鑽を積むことを怠らず、少しでも有益な知識、知恵をお届けしたいと願っています。
映像や編集に関しては、ご満足いただけるレベルではないと思いますが、そこは大目に見て、ぜひお付き合いください。

神代知明(くましろ ともあき)

※この動画は、診断・治療または医療アドバイスを提供しているわけではなく、情報提供のみを目的としています。診断や治療に関する医療については、医師または医療専門家に相談してください。

#亜鉛 役割
#亜鉛 必要摂取量
#亜鉛 吸収率
#グルコン酸亜鉛
#ピコリン酸亜鉛
#亜鉛 ビタミンC
#亜鉛 タンパク質
#亜鉛 クエン酸
#亜鉛モノメチオニン

コメント

タイトルとURLをコピーしました